爆クラ楽しかった!


今日はまた大河のレコーディング、菅野さんとティンパニで
セッションも?!楽しい仕事に感謝。
・
昨日の爆クラのご報告。
演奏がないということで来られなかった方もいらっしゃいましたが、
大人の夜の過ごし方としては極上の会でした。
打ち合わせなく、湯山さんの器の大きなプロデュースのもと、
やりたいように、話したいようにどんどん流れ、あっという間の2時間でした。
・
話しながらいろんな曲をかけていくのですが、話の流れで
どんどんいろんな方向の曲がひらめいてくる。
・
レゲエからのライヒや、ピグミーの音楽
はとっても面白かった。

レッドツェッペリンのグルーヴからピアノフェーズ
もなかなか楽しい。

会場の皆さんとリズム裏拍遊びやポリリズム体験なんかもして
リズムというかグルーヴの奥深さを味わった。
・
・
・
そしてそして酒を飲みながらのトークライヴ。
初体験。ビール5杯も飲んじゃったよ。
・
・
丸一日くらいかけてやりたいと思うような
トークショーでした。

打楽器音楽


木曜日は爆音でクラシックを聴きながらのトークライブ、
ということで湯山玲子さんとの会なのですが、
打楽器音楽の魅力を、ということで
爆音で聴かせたい音を準備中です。
・
打楽器が伴奏ではなく、ソロ楽器として表に出てきたのは
ここ50年弱のことで、いわゆる現代音楽の新しい素材として
もてはやされたのですが、すでにその流れも僕の大学時代には
終わりを見せ始め、パフォーマンスの流れに向かったりしていますが、
今の大学生も僕の時代と同じく、50年前の流れと同じ曲をやっているという状況。
・
新しさ、確かさ、青春の瞬きみたいですが
その辺の話もしたいと思っています。
・
打楽器はこれからだ!ということも。
・

ゆっくり丁寧に


しばらくぶりでした。
私はほとんど精神と時の部屋にいるので、
自分に言い聞かせて、この言葉を。
ゆっくり進むと迷ってしまう、
という特性があるようです(笑)
・
僕も迷いながら、探しています。

Turn


男にしたって女にしたって、
愛してる片方が、夢をあきらめて、
その代わり自分べったりに
なってくれたとしたら、
そんなの我慢出来ない筈ですよね。
ちょっと待てよ、
といいたくなりますよね。…

だって、自分だけを愛してくれるから、
その人に魅かれるわけ
じゃないでしょう。…
その人が、自分以外の何を、
どのように愛するのか、…
それを知るからこそ、
相手を愛せるのでしょう?
・
北村薫の文より

爆クラ


このようなイベントにゲストで出ることになりました。

爆クラとは

先日の題名のない音楽会でやった
夜のガスパール
を車の中で大音量で聴いてた
と書いた話とつながってきてます。
・
・
面白い!
・
・
ここ何日かは穏やかな日々。
新しいアウトプットに向けて。

しかし曲作りも、楽器も、踊りも
全てをまた越えていかなければ
という日々。

それぞれの場所で


小さいライトを灯すんだ
闇に包まれてしまわないように
私もそれに加わろう
・
・・・・・・・・・・
・・
・
モザイクの新しいメモ
・
・・・
・
・・
逆説的に、
海の藻屑に沈ませて、
世界の中に溶け込むことで
世界を受け入れる
・
この世に存在することを
受け入れることで
受け入れられる

・・

怒りという映画を見た


久々に映画を見た。
・・・・・・・・
お前は大切なものが多すぎる
本当に大切なものは増えていくんじゃなくて
減っていくんだ
・・・・・
人を(時には自分自身や身内ですら)信じる事の難しさ、
相手を信じたいと言う願いに反し疑いが生じる時の苦しさ、
愛する者への疑いが無実であった時の取り返しようの無い心の痛み、
信じていた故の裏切られた時の怒りと失望の凄まじさ。
・・・・・・・・・
魂の叫び
そういうものを見ると
自分の中にまた問いかけが始まる

初心に戻って


作曲のメモ。
音符で書いたり、いろんなことして残してるんです。
でも全く何書いてるかわからない(笑)
自作自演の試みは続いていくと思うんだけど、
ホントに毎日毎日心は変わっていく。。
そこで残っていくものを毎日見つめて。
・・・・・・・

打楽器奏者・マリンバ奏者、パフォーマーとして活動する池上英樹の日々の切り取ってお伝えしています。