阪神淡路大震災から20年


その時は大阪の大学時代で、環状線寺田町駅から徒歩10分くらいの所で四畳半ワンルーム生活を送っていました。バイトに明け暮れ、夜遅くに戻り、寝るだけの部屋。
朝方に揺れまくり、ギリギリ部屋に入れたマリンバの下に寝ながら、崩れないようにマリンバにしがみついていたことを思い出しました。

「阪神淡路大震災から20年」への1件のフィードバック

  1. 池上さんにもそんな時があったんですね。私たちは20年という年月を経験し、あの頃の自分とは違う今を生きています。あの頃は池上英樹さんの存在すら知らずに生きていました。今私があの頃の自分ならどうだったのか、そう考えるとたくさんの人の中で長い時間の流れの中で池上英樹さんに出会えたことに感謝しています。これからずっと池上英樹さんの活動に注目していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です