新国立劇場に


今日は何度も共演させていただいているソプラノの佐藤美枝子さんにご招待いただき、新国立劇場に
オペラを聴きに行って参りました。内容は悲恋の物語で涙なしには見られない!
日本語のオペラでは珍しく、最後まで飽きさせない、ドラマチックな舞台でした。

内容に興味がある方は以下のアドレスをご参照ください。
https://www.jof.or.jp/performance/1703_yosakoi/opus.html

20年以上の修行を重ねてきた僧侶が、一人の女性と出会い、戒律を破り、恋に落ちてしまう。
心に正直に生きるお馬は悲惨な場面でも輝かしく凛として、嫉妬に狂う小坊主、心中しようとする和尚、
二人の男はみっともないことこの上ない。純愛と性欲。
でもお馬もコワい、日本的カルメンのようにも思えた。
偶然というには厳しすぎるじゃないか、みっともない側の俺は思うのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です