興福寺落慶法要の番組案内


コメントにお問い合わせのあった興福寺落慶法要の番組ですが、
詳細をいただきました。
番組の中で使われている平野一郎さんの音楽で明珍火箸をはじめ
明珍さんが製作された数々の創作楽器を弾いております。
・

・

【落慶〜奈良・興福寺〜】
NHKスーパーハイヴィジョン8K
お正月ドキュメンタリー番組
〈落慶〜奈良・興福寺〜〉

六百年ぶりの一大ページェントである落慶法要、その中で繰り広げられる声明・舞楽・雅楽・能楽、興福寺の誇る建築・ゆかりの仏像に至るまで、8Kという新メディアを得て、何もかもが未体験の鮮やかさで顕われます。
関係者すべての魂が籠った特別な番組、日中なら各地のNHK放送局にある8Kプラザなど良い環境でのご視聴を!

=番組詳細=

<落慶~奈良・興福寺~>
2018年10月、奈良を代表する名刹・興福寺の境内の中央に、300年ぶりに中金堂が復活した。完成を祝う落慶法要は1万人を超える参列者を迎えて行わ れた。興福寺にとって室町時代以来という歴史的な大法要。天候にも恵まれ、白昼夢のような美しい光景を8Kで完全収録した。鮮やかな衣をまとう僧侶と楽人 はのべ200人。声明(しょうみょう)と雅楽の大音響のなか、金色に輝く鴟尾(しび)が現れ、天から散華が舞い散る。舞台では遣唐使がもたらした舞楽が舞 われ、金糸銀糸がきらめく「この世に現れた浄土」…天平や平安の人々を感激させた光景が、平成に現れた。興福寺が守る唯識法相の教えは、玄奘三蔵(三蔵法 師)がインドから中国に伝え、さらに遣唐使が日本に伝えたもの。その教えをいま、ドイツ人僧侶が受け継ごうとしている。その時空を超えた長い教えのリレー を描いた色鮮やかな柱、運慶の最高傑作とされる仏像を8Kでたっぷり見せる。番組ナレーションは、ドラマ「西遊記」で一斉を風靡した堺正章が、三蔵法師に 扮して語る。

http://www.nhk.or.jp/…/kei…/shiryou/soukyoku/2018/12/003.pdf
https://www.nhk.or.jp/bs4k8k/assets/pdf/bs8k_program.pdf

放送:
‪1/13(日)21:00‬
‪1/15(火)20:00‬
‪1/16(水)15:00‬
‪1/17(木)12:00‬
‪1/18(金)20:00‬
‪1/19(土)21:00‬

音楽:平野一郎作曲
「白昼ノ星ノ童子~興福寺落慶法要ヲ見凝メル〜」
(蒼天ノ甍/影法師/天平ノ風/密ナル聲/時ノ微睡/天空ノ舞樂/螺旋ノ行列/深キ淵ヨリ/遙ナル歌/蒼天ノ甍・廻向ほか音響断片多数)
演奏:女声1°和田友子/女声2°吉川真澄/女声3°松崎ささら/女声4°/小林祐美/女声5°尾崎かおり(以上、東京混声合唱団選抜メンバー)/ピアノ:大須賀かおり/コントラバス:長谷川順子/打楽器:池上英樹(楽器協力:明珍本舗)
・
寒いですが、皆さん冬を乗り越えていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。