ギリギリで


曲がまとまった。。。かな。ふぅ。
いつもギリギリだなぁ。
自分がいつも楽しいことを探すのって
当たり前なんだけど、なかなか難しい。
口では何とでも言える。
一音を出す、という一打は行動。

言ってることとやってることを一致させるの
人間として当たり前なんだけど、やはりなかなか難しい。

楽器を積み込んで、行って参ります。

どんな道でも


感情に善悪はありません。これは動物ならば全てもっているもので、生存に関連した思考に還元されるものです。
人間の人間たるゆえんというのは、文化的な思考ラインのことです。
自然の神秘。そこにはこの世の美しさ、命の根源というものを感じる、人間特有の感性です。
・・・
心の触れ合い。これこそが人間関係の究極の形であり、我と汝という、絶対に異なる別の存在の相互理解です。
・・・
人は全て孤独であるゆえに、相手の中の孤独、悲しみを感じることで、優しく、大切に思えるんです。
動物への愛おしさ。これは動物を通して、人間の美しい形を見出した時です。無心に自分に甘える姿を見て、愛情のつながりを見、感謝の心を見出す。恩義の美しさを見る。
知人への悲劇。これは困っている大切な人間の力になりたいという、恩と縁の思想のもっとも確実に現出した形です。
全て感情ではなく、人類が築き上げてきた、文化というものです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
つまり、人間はその思考を他者に向けた時には文化の体現者になり、自分へ向けた時は動物的な感情になると。価値ある行動をし、美しい生き方を目指すなら、常に外を向いていなければならない。外の大切なもの、美しいものに目を向けていきるのが、人生の正しい道です。

京都に向けて


楽しいだけなんてない!


苦楽を共にしないと、人生は味わえない。
この人のためにしなきゃいけない
そうまでも思うことで愛につながる
・・・・・・
精神と時の部屋に。
最近新しい歌を発見してないので、
作詞しようかな(笑)
曲ばっかり作ってると言葉が欲しくなるね。
・・・・・・・・・・・

dear deer dia


寒いような暑いような一日
風邪などひかれませんよう。

毎度の如く、曲作りには苦心してます。
粘っても睨んでも出てこないときは出てこない
メモを一個ひねり出すだけで終わってしまう時も。

What you see is what you see


ちょっとまた勝手に紹介。
フランク・ステラの言葉ですが、
what you see is what you want
とは違うんだね。
・・・・・・・・・・・・・・・
見えるものを見ている
見たいものを見ている
・・・・・・・・・・・・・・・
何かを物語るもの、あるいは目に見えない
何かの象徴であるとする既成概念を否定し、
ただあるがままに見ることを提案する
・・・・・・・・・
トムリンソン・コート・パーク

コンスタンティン・ブランクーシ


単純さは、芸術の目的ではない。
しかし、事物のリアルな感覚に接近してゆくと、
知らず知らずに単純さに到達するのである。
単純さは、その底に複雑さを秘め、その意義を
理解するためには、その本質によって人は
成長しなければならない。

レアな写真3連発(笑)


なんだか今日は写真撮りたい日。
こんな話題はツイッターでだよね。

ずっと使ってる歯磨き粉がかなりこれもレアな
もので、普通のヤツとは全く違うんです。
最初は激マズだったんですが、もうこれ以外の
物は使えなくなってしまったー!

毎日歯を磨く楽しみに出会える、大げさだけどマジで。

スカルボ


とマトルズダンスやってきました。
反田さんに感謝!
セッションという感じがピッタリの
楽しい音楽の時間でした。ミルヒ的に。
のだめ風。行った人と読んだ人にしかわからない、ごめんなさい(笑)

素晴らしいピアノと様々な打楽器のめくるめく世界を
どこまでテレビで再現してくれるのでしょうね。

放送が楽しみです!

打楽器奏者・マリンバ奏者、パフォーマーとして活動する池上英樹の日々の切り取ってお伝えしています。